とりあえず作ってみた(仮)

ユカの冒険というフリゲRPGを製作中です。RPGなのにキーアイテムを集めて扉を開くという、マリオの3Dゲームみたいなシステムです。あと敵が逐一変な挙動をする。@matsmomushiで表現規制関係のツイッターもやってます。変な音楽集も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

それ自体がおかしい音楽

以前歌詞が極端、「過激」な音楽を紹介しましたが、今度は曲自体がいろいろと変なのを……


You Suffer - ナパーム・デス

http://www.youtube.com/watch?v=dws87NR6DpM

わりと有名ですが、世界一短い曲としてギネス認定された曲です。正式な長さは1.316秒らしい。


4分33秒 - ジョン・ケージ

http://www.youtube.com/watch?v=JTEFKFiXSx4

これもまた超名迷曲。4分33秒無音。楽章の変わり目はピアノの開閉で表します。


0分00秒 - ジョン・ケージ

http://www.youtube.com/watch?v=PdTsrABY3AE

同じ作曲家の曲。今度はズバリ「何をしてもいい」曲。ってか曲なのか……?


Longplayer - ジェム・ファイナー

http://www.youtube.com/watch?v=NhEI3FEvxU0

なんと演奏に千年かかる曲。長い曲としてはヴェクサシオンも有名ですが、桁が違います。長い以前に演奏方法もおかしいんだけど……


すっげー深い穴を見つけたんだ!今から飛降りるよ。存在証明なんかじゃない、この深さなら誰にも見付かる事はないだろ?生まれてしまった償いをしなきゃいけねぇんだ、生きる事と死ぬ 事によって。俺はもう立派に一つの精神として立った。これ以上殺生を繰り返す理由なんて何処にもみつからねぇよ。そもそも人は今しか生きられねぇ、常に生きているのは今だ。でも「今ここ」と想ったその瞬間には既に過去になっているわけで、次々に未来が押し寄せては今を認識する間もなく過去になる。「生」という刹那を証明するのは不可能だろ。証明しようとする時には常に過去のモノとなり生きていたという記憶にすぎねぇ。つー事は生きていようと死んでいようとそんなもんどっちだって同じじゃねーか。だったら俺は希望に向かってスペシャルダイブ! - 内核の波

http://www.youtube.com/watch?v=pACTW9J0yDI

今度は曲ではなく曲名が長い曲。すっげー深い穴からスペシャルダイブ!までが曲名で、内核の波がアーティスト名です。
ちなみに今までは日本一長い曲名でしたが、現在は the LEM の「拝啓、大好きなキミへ。誰かに手紙というものを書くのは初めてです。最初で最後の手紙を書きます。キミは覚えていないだろうけど、初めて会った時のこと。涙を見せながら必死に笑顔を作るキミは、どこか寂しくて、奇麗で、僕が生きてきたこの世界のものとは思えないほど繊細でした。それは温かい陽射しのような、優しい春風のような、雨上がりに架かる虹のようで。僕の生きる真っ暗な世界に温もりと色をくれた。キミに触れた時、僕は初めて生きていることを感じることができた。だけど。いつしか僕らは大人になり、キミとの日々はいつからか日常になった。押し殺したはずの真っ黒な渦が世界を飲み込んでいく。苦しくて苦しくて、痛くて辛くて。キミとの思い出が、キミとの日々が色を失っていくのがただ怖かった。だから。僕は僕を終わらせる。温もりが冷めないうちに。色を失わないうちに。キミはきっと勝手だと僕を罵るだろう。でも誰かのために生きるなんて奇麗事、僕には似合わない。僕が色を失わないうちに、温もりを抱いて逝 きたい。生きたいキミと、逝きたい僕。幸せの守り方は一つじゃない。考え方が違うだけ。大好きなキミへ。キミを守れなくてごめん。僕に光をくれてありがとう。先立つ僕を許して。敬具」が一位だそうです。


ヘリコプター弦楽四重奏曲 - カールハインツ・シュトックハウゼン

http://www.youtube.com/watch?v=13D1YY_BvWU

割と有名な曲。4機のヘリコプターの中で奏者が演奏、音と映像をコンサートホールに中継するらしい。


1812年 (序曲) - チャイコフスキー

http://www.youtube.com/watch?v=_tq2kFff-6Q

演奏に大砲を使う。けっこう有名。大砲を使う曲といえば、他にAC/DCのFor Those About To Rock (We Salute You)"があります。以下動画。

http://www.youtube.com/watch?v=UE3E_vxKryU


有名な曲が多いので、こんどはマイナーどころを……


A One Minute Silence - Mike Batt

http://www.youtube.com/watch?v=IXzHJr_eGpA

今度は1分無音。4分33秒黙ると著作権侵害というジョークがありますが、(作曲の名義が "Batt / Cage"となっていたため)この曲はホントに訴えられました。相当額の和解金を支払ったそうです。


妖精のエアと死のワルツ - ジョン・スタンプ

http://www.youtube.com/watch?v=sCgT94A7WgI

楽譜が人力では演奏不可能で、「ペンギンを逃がせ」「ピーナッツを挿入」「アヒル」など意味不明な指示が書かれている。楽譜も芸術作品のよう。以下楽譜。

http://nylongirls.jp/archives/5311493.html



次はジャンルとして確立しているものを紹介……



(曲名不明) - 非常階段

http://www.youtube.com/watch?v=SDmwI8GwtEw

ノイズ・ミュージックというジャンルの音楽。要するに雑音。放尿はパフォーマンスで楽譜に書いているわけではないと思う……多分。


Scum - Napalm Death

http://www.youtube.com/watch?v=rIV3czRMEpI

先ほど世界一短い曲のバンドとして紹介しましたが、このバンド……普通の曲もこんなんです。グラインドコアというジャンル。


Female Market - Basket Of Death

http://www.youtube.com/watch?v=xXAn6qft3Fc

グラインドコアのサブジャンルで、サンプリングにAVのSEを使う「ポルノグラインド」の曲。少しでもグラインドコアに親しんでもらえるよう、日本のエロアニメのSEが使われているのを紹介……って。


Toilet Intercourse - Intestinal Disgorge

http://www.youtube.com/watch?v=Egtuz4Gxv44

同じくグラインドコアのサブジャンルで、サンプリングに排泄音をつかったり、ジャケに排泄物をつかったりするジャンル「スカトログラインド」の曲。……って、なんでそんなジャンルがあるんだよ。





次でラスト……



革命のための音楽 - 小杉武久

残念ながら動画はありません。だって演奏されたことないし。「片方の目を摘出し、五年後にもう片方の眼を摘出する。」という「音楽」らしい。








スポンサーサイト
  1. 2013/04/10(水) 21:15:42|
  2. 変わった音楽集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。