とりあえず作ってみた(仮)

ユカの冒険というフリゲRPGを製作中です。RPGなのにキーアイテムを集めて扉を開くという、マリオの3Dゲームみたいなシステムです。あと敵が逐一変な挙動をする。@matsmomushiで表現規制関係のツイッターもやってます。変な音楽集も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あらゆるセクシュアリティの政治的に正しい部分を挙げる

あらゆるセクシュアリティの政治的に正しい部分を挙げる。

ポリティカル・コレクトネスを根拠に自分達のセクシュアリティの優位を主張する人にうんざりしているので、みんなの良いとこを挙げてみます。当事者の方でこれは違うというのがあれば、教えて下さい。今回は恋愛感情や性的欲求が向かう対象という意味でのセクシュアリティのみを扱います。

ここでいう政治的正しさとは、ポリティカル・コレクトネスという用語で表される価値観に基づく正しさ、フェミニズム的な価値観であったり、ジェンダー規範や性暴力との親和性の低さという意味であって、万人にとっての正しさではありません。

《異性愛》
違う性別同士の架け橋になることができる。もしこの世界が同性愛者ばかりなら、男女対立や男女の分離は今以上に酷かったかもしれない。人種や民族のように。性感染症のリスクは同性愛よりは低い。子孫を残すことができる。

《同性愛》
体力や社会的立場が対等なので、異性愛に比べると、性的搾取や性暴力の危険が少ない。性暴力に甘過ぎたり、対策が過剰過ぎたりすれば、自分にも危険が及ぶ為、公平な議論ができる。恋愛における役割分担も生じにくく、ジェンダー平等に則している。望まない妊娠の危険が無い。

《両性愛、全性愛》
ジェンダー平等に則している。仮にこの世界が両性愛者や全性愛者ばかりでも、性別がくっきり別れてしまうことはないし、女性が性の対象と見られやすい問題や、男性があまり積極的にアプローチしてもらえないという問題も解消できたでしょう。

《アセクシュアル》
性的欲求も恋愛感情も持たない人のこと。性欲目的の性暴力のリスクや性行為自体に伴うリスク無い。恋愛によって人生を縛ることも無い。性差のない純粋な友情関係なので、ジェンダー平等に則している。

《ノンセクシュアル》
性的欲求を持たない人のこと。身体目当ての恋愛が生じない。性欲目的の性暴力のリスクが無い。性行為に伴う様々な危険もない。

《アロマンティック》
恋愛感情を持たない人や、好意を持っても恋愛という関係を望まない人のこと。恋愛によって他人の人生を拘束することがない。恋愛は自己のみに対する愛情を一生を通じて要求する点においては、性的欲求以上のリスクがあると考えることもできるでしょう。家制度との親和性が低い。人生の自由に則している。DVやアンペイドワーク、ストーカー、怨恨による殺人などのリスクが少ない。

《ポリアモリー》
同時に二人以上に恋愛感情を抱く人のこと。多様な人間関係を築くことができる。三角関係になっても、トラブルになりづらい。不貞行為による離婚や、その他様々な問題が生じない。

《二次元純愛(現実で当事者であるセクシュアリティ)》
現実の人間を性の対象とすることに主眼を置かない。そもそも現実の人間を性の対象としなければ、性差別も性暴力も生じないはず。現実との差異はあるものの、純愛に基づく性行為自体は現実に反映させても他者の権利を侵害しない。

《二次元BL、百合(現実では当事者でないセクシュアリティ)》
現実の人間を性の対象とすることに主眼を置かない。当事者になることは無いため、現実の恋愛や性行為への関心はより希薄と考えられる。性的マイノリティを性の対象としていることを批判する人がいますが、現実の恋愛や性行為に重きを置く人や、生まれたままの性別で性行為を行う人が、正しいわけではないはずです。

《二次元ロリ・ショタ》
現実の人間を性の対象とすることに主眼を置かない。現実の成人のパートナーとの人間関係と、フィクションに対する性欲とを分離できる(※1)。現実の性行為に未練のある人がいるのなら、現実の人間との性行為を重視する風潮を変えていくべきでしょう。

《二次元凌辱》
現実の人間関係と性欲を分離しやすい(※1)。性行為を暴力として捉えており、良いこととして扱わない(※2)。戦うヒロインが怪物や怪人に陵辱されるなど、非現実的な内容であることも多い。

《二次元リョナ》
現実の人間関係と性欲を分離しやすい(※1)。性欲は暴力であると捉えていてる。戦うヒロインが怪物や怪人から攻撃を受けるなど、非現実的な内容であることも多い。

※1 これらの人々の多くは現実の成人のパートナーと合意のある性行為をしないわけではありませんが、欲求が狭義の異性愛や同性愛の人達より希薄な可能性はありうると思います。リョナに関してはアセク、ノンセクが比較的多いとの情報もあります。

※2 よくある批判として、レイプされたキャラクターが喜んでいるというのがあります。確かに、凌辱ものの多くはキャラクターの反応を快楽として描写していて、現実の性被害と異なるかもしれませんが、その大半はあくまで暴力により強制的に堕落させられたという認識であって、レイプを本当に相手の利益になるものとして美化したものは見たことがありません。

《動物性愛》
現実に行為を行えば虐待であるが、人間に対する欲求が希薄であるのがメリット。性欲に関してはジェンダー規範とも無縁。

《対物性愛》
無性愛に同じ。

《BDSM》
望まない妊娠の危険がない。性器を使わないため、男女の対称性が高い。合意がなければ暴力であることや、度が過ぎると危険であることは、性行為も同じでしょう。

《本来的意味でのフェティシズム》
他人のものを盗まなければ良い。仮に盗んだとしても、人間への欲望である異性愛や同性愛が暴走した場合よりリスクは低い。

《窃視》
合意の上で覗きのロールプレイをしたり、アダルトビデオを見るなどで代用できる。アダルトビデオ撮影時のリスクや、仮に犯罪となる行為をした場合のリスクも、異性愛や同性愛より低い。

比較的アイデンティティとしている人が多いものを選んで、挙げてみました。ジェンダー平等ということであれば、アセクシャルなどの無性愛系統が一番優れているかもしれませんが、個人としての資質に比べれば、セクシュアリティの差異なんて微々たるものだと思います。現実の性行為が二次元より優れている点は、相手と実際に関わるので、相手に配慮して抑制することができる点だと思います。しかし、現実の人間を性の対象とすることに主眼を置いている時点で、フィクションを性の対象とする人を一方的に批判する権利は無いのではないでしょうか。また、二次的好きな人の中には、現実の性別とは逆の性に感情移入している人もいます。性別が違う=他者ではないのです。現実のフェティシズムは犯罪報道で目にするものも多いためにネガティブな印象を持つ人も多いでしょうが、冷静に考えれば、世間で普通とされる性行為の方が危険な場合も多いのです。

でわでわ。
スポンサーサイト

テーマ:フェミニズム - ジャンル:政治・経済

  1. 2015/08/22(土) 06:14:37|
  2. いわゆる男女論とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。