とりあえず作ってみた(仮)

ユカの冒険というフリゲRPGを製作中です。RPGなのにキーアイテムを集めて扉を開くという、マリオの3Dゲームみたいなシステムです。あと敵が逐一変な挙動をする。@matsmomushiで表現規制関係のツイッターもやってます。変な音楽集も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CGの摘発に関して

写真をもとにCGを作成したことで、児童買春防止法(児童ポルノ禁止法)で逮捕されたとのニュースがありますが、あくまで実在の人物を模写したからです。

あの法律、「児童」が実在の者に限るというだけで、絵やCGは「その他の物」に入ります。

条文
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H11/H11HO052.html

即売会連絡会の声明
http://sokubaikairenrakukai.com/news070100.html

法解釈(児童は実在の者とした判例)
http://d.hatena.ne.jp/okumuraosaka/touch/20130205

報道
http://sankei.jp.msn.com/smp/affairs/news/130711/crm13071113120003-s.htm
「昭和57年~平成5年に出版の9~14歳ぐらいの少女の写真をスキャナー取込し、髪形や姿勢を一部変え、顔などは少女とよく似るように色づけしてCG作成」「実在の少女の裸を基にしたものであれば少女の権利を侵害するため、今後も取り締まっていく」

奥村弁護士によるとトレスではなく写真を模写して一から描いたものだそうですが、実物を見た人によれば、少女は有名な写真集のモデルだった上に、CGも写真と殆ど違わないもので、これは流石に駄目だろと前から言われていたとか。

あと、児童ポルノに関して表現規制反対派があまりしらないことに、「子どもポルノ」という法律用語が既に存在するということがあります。これは奈良、栃木の条例で所持が規制されている13歳未満の実在する者のポルノのことで、日ユニの造語とは異なり、架空のキャラクターを描写したものは含まれません。

児ポ関係は奥村弁護士のサイトを参考にすれば、基本的に間違いありません。

栃木

http://d.hatena.ne.jp/okumuraosaka/touch/searchdiary?word=*%5B%BB%F9%C6%B8%A5%DD%A5%EB%A5%CE%A1%A6%BB%F9%C6%B8%C7%E3%BD%D5%5D&of=10

「また、本条例で規制する子どもポルノについては、児童ポルノ法と同様に、実在する子どもの姿態を描写したものに限定し、アニメやゲーム等の実在しない架空の児童を描写したものについては、規制の対象に含まないものとします。」


奈良
http://d.hatena.ne.jp/okumuraosaka/20120925

「また、子どもの姿態は、実在する子どもに係るものに限られ、絵画、アニメ、コミック等に描写された想像上の子どもに係るものは、「子どもポルノ」に該当しない。」

つまり、「子どもポルノ」には架空のキャラクターの絵や漫画、CGは含まれないのです!!
スポンサーサイト
  1. 2013/07/11(木) 21:02:13|
  2. 表現規制問題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<同人誌即売会用の作品で、印刷所に年齢表記を断られた場合 | ホーム | ヘイトスピーチという用語を使うべきではない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mtsmush.blog.fc2.com/tb.php/16-da6a2910
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。