とりあえず作ってみた(仮)

ユカの冒険というフリゲRPGを製作中です。RPGなのにキーアイテムを集めて扉を開くという、マリオの3Dゲームみたいなシステムです。あと敵が逐一変な挙動をする。@matsmomushiで表現規制関係のツイッターもやってます。変な音楽集も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

同人誌即売会用の作品で、印刷所に年齢表記を断られた場合

昨年、コミケ出典用の作品で、キャラクターの年齢表記(17歳)をしたところ、印刷所がコミケは年齢表記を自主規制していると勘違いしたケースが発生しているので、対処法を。

去年の事案について
http://togetter.com/li/351274
一応印刷はするものの、コミケに注意されると言われたそうです。しかし、ベテランの方が架空のキャラの年齢の自粛はないと否定されています。

同人誌即売会連絡会は以下のような、声明を出しています。
「「児童ポルノ法」は実在する18歳未満の児童(男女を問わず)を対象としたものであり、架空のキャラクターによるマンガ、アニメ、ゲーム、小説等は、現状では「児童ポルノ法」の規制対象になっていません。このため、これらメディアにおける18歳未満の架空キャラクターを用いたエロティシズム、バイオレンス表現は罪を問われることはありません。」
http://sokubaikairenrakukai.com/news070100.html
ただ、実在する18歳未満については絵でもNGです。

去年のケースは印刷所が即売会のスタンスを勘違いしていたものなので、声明や配布される(昨年のまとめにもある)コミケットアピールを見せると効果的です。

そして印刷業組合の声明にも架空のキャラクターが対象でないとあります。
http://www.doujin.gr.jp/foradult.html

それから、年齢表記が萎縮してしまう原因には、実在の者に限られることが条文上不明確(判例は明確になっているとしている。)という理由があると思うので、法解釈も見せると効果的です。
ちなみに以下のリンクは、ある団体が美術展に対し「児童ポルノだ」と苦情を入れた際に、実務家の方が解説したもの。
http://d.hatena.ne.jp/okumuraosaka/touch/20130205
実年齢、見た目年齢の区別ではなく、実在するかしないかの区別です。

まずは即売会の声明やコミケットアピールを見せたり、印刷して送るなりするといいでしょう。

あと、オマケ
わいせつに関する山口弁護士の解説
「シチュエーションや登場するキャラクターの年齢設定などは一切関係ありません」
http://yama-ben.cocolog-nifty.com/ooinikataru/cat21944642/index.html

なぜこのような記事を書いたかと言うと、年齢自粛をした作品を見過ぎたせいで、自分がゲームを作る際に不安になってしまい、詳しい解釈を調べる羽目になったからです。
(年齢表記しなかった場合、自分のゲームを見た人がまた同じような誤解をしてしまう可能性があるかもしれないという不安もありました。)
個人的には、業界の規制で年齢関係の規制をしなければならない場合も、年齢関係の規制は業界の自粛によるものという注釈を入れることを勧めていたりします。(業界が注釈もNGと言う場合は別ですが)

リプライを送って下さった方にも、数年前に印刷所に年齢表記の修正を求められたものの、萎縮してはならないと念を押し、印刷してもらった方がいましたが、コミケでは問題なく販売できたそうです。

今年の話では、業者の自粛があるDLsiteなどで販売するものには小学生表記に伏字を入れる一方、即売会には年齢関係の規制のない別バージョンを出展している方もいました。

また、一部の印刷所が小学生表記やランドセルなどを自粛している場合があり、それをコミケの基準だと思い込んでしまう作家さんもいるとの話。

これは流石に知っている方も多いでしょうが、都条例はあくまで18禁にできるだけなので、もともと18禁の作品は関係ありません。都条例の新基準は近親相姦と性犯罪全般なので、強姦や強制わいせつなど年齢以外の要素も含みますし、基準を満たしても知事に指定されるまで法的拘束力はありません。

それから、タイバニ同人誌などで商標権について誤解があった場合は、「指定商品・指定役務で使用しなければ侵害とならないこと」「指定商品・指定役務で使用しても、それが自他商品識別機能・出所表示機能を有さなければ侵害とならないこと(商標的使用否定の法理)」を知っているか確認してみましょう。商標権の侵害となるのは、それが書籍など類似商品の商標であり、同人誌がその商標権者のものであるという表示になるような使い方をした場合のみです。
スポンサーサイト
  1. 2013/07/13(土) 17:07:54|
  2. 表現規制問題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<もうすぐ体験版を公開するかも | ホーム | CGの摘発に関して>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mtsmush.blog.fc2.com/tb.php/17-43f8aa89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。