とりあえず作ってみた(仮)

ユカの冒険というフリゲRPGを製作中です。RPGなのにキーアイテムを集めて扉を開くという、マリオの3Dゲームみたいなシステムです。あと敵が逐一変な挙動をする。@matsmomushiで表現規制関係のツイッターもやってます。変な音楽集も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ユカの冒険~Protect My Village~(仮)ver.0.45更新

ユカの冒険更新しました!!


初めての人へ。見た目ポップでのんびりそうなんですが、愛情友情万歳みたいな無難な内容ではないのでこのページ一番下のの注意書きを読んでからプレイをお願いします。性的な場面を含むため18禁ということにしておきますが、作者は性教育をちゃんとすれば、少なくとも通常の性描写に関してはもう少し早い段階から入手できるようにしてもよいと考えています。

下のURLからダウンロードできます。パスは「ybpmv」です。


http://ux.getuploader.com/A15926535/

あと、このゲームの意味合いについて良く分からないとか、なんでこんな展開になるんだと思った方は、
性的な好みと現実のジェンダー観は一致しないということ 
もお読み下さい。主人公は理想の異性ではなく、「理想の自分」なんですよ。

あと、ラウザ(淫魔の王)の台詞は、あくまで陵辱系作品にでてくる悪役のステロタイプを具現化したもので、
起承転結の「承」での「引用」の段階だと考えて下さい。
私自身の性的サディズムや凌辱ものなどに関する考えは、ブログの方にある通り真逆です。
ストーリー作者自らが解説をいれるのはナンセンスだと思いつつも、大事なことなので書きました。


ではゲームの紹介から。

・登場人物
人物1
人物2
yukabou.jpg
※前回とユカの身長・体重がが変わってます。


・ストーリー

かつてカナ国では、五年に一度若い娘のいる家に白羽の矢が立ち、矢が立った家の娘を森神の生贄として差し出すという風習があった。もし生贄を差し出さなければ、森神の怒りに触れ、国が滅ぼされてしまうのだ。
ところがあるとき、ノオという勇敢な若者が現れ森神に立ち向かった。見事森神を懲らしめた彼は、次からは娘を生贄に出す代わりに、人形藁と宝石で娘を象った人形を差し出すよう森神と約束した。
それ以来、カナでは五年に一度、白羽の矢が立った家の娘を象った人形を、森神に生贄と差し出すことにしている。その風習は現在も続いていた……

娘の人形は大人の男が運ぶのが慣例であったが、ある年成人したばかり(カナ国の成人は14歳)の女の子ユカが生贄運びに選ばれる。
見事生贄運びを終えたユカだったが、次の日長老から衝撃の真実を聞かされることとなる。

カナ国は現在深刻な財政難で、このままでは五年後の生贄人形を作ることが出来ないらしい。それを解決するためには、何故か『強い女性の戦士』を求めているという、東の『センシンコク』アルベットに行き、
賞金を得なければならない。

『センシンコク』アルベットでユカ達が見たものとは……

・ゲームの流れ

説明



グレード(星形のアイテム)を探しましょう。





説明3


メニュー画面のアイテムからグレードを使い、スキルを覚えましょう。




説明4


技は戦闘で役に立ちます。




3グレ扉



グレードを集めて、ダンジョンの扉を開きましょう。グレードを集めることが出来る範囲が広がります。



説明5



ただし、グレードを集めるだけでは先に進めません。
ストーリー上必ずクリアしなければならないダンジョン、イベントがあります。
現時点だと『泥棒の洞窟』『ゴロゴロ岩の森』『木の砦』『助けあいの洞窟』『とっても危険沼』『流れる砂の迷宮』『淫魔の巣窟』が必ずクリアしなければならないダンジョンです。



・このゲームの属性の優劣関係は以下のとおりです。


20130819152050117.jpg



・その他スクショ

ダンジョン1

ダンジョン2

ダンジョン3

モンスター1

2スクショ


モンスター3

はい……基本何でもアリです。


12スクショ


・現在『淫魔の巣窟』をクリア(アルベット共和国に突入する場面)までプレイ可能です。グレードは現時点で34個。
・一部に性描写(やや可虐的なもの・スカトロを含)があることにご留意下さい。
・性的な場面を含むため18禁ということにしておきますが、性教育をちゃんとすれば、少なくとも通常の性描写に関してはもう少し早い段階から入手できるようにしてもよいと考えています。
・このゲームでは18歳未満の架空のキャラクターも性行為を行っています。フィクションにおける登場人物の年齢設定・表記に関する規制は業界の自粛によるものであり、架空のキャラクターであればこれらの表現が罪に問われることはありません。なお、作者はフィクションのキャラクターの年齢を基準とした表現の規制には断固反対します。
このゲームはいわゆる表現規制問題やポリティカル・コレクトネス、ジェンダー批評などをメタフィクション的に題材にしています。これらを『俯瞰的』に楽しめない方はプレイをオススメしません。
・物語には起承転結があることにご留意下さい。(現在「承」の段階ですが、最終的にありきたりな話にはならないと思います。)
・登場する国家・文化・法制度とその学説・学術用語などは現実のものをモデルにしたものもありますが、現実世界のそれらとは別個の存在です。あくまで別世界の話としてお楽しみ下さい。
・戦闘ではしっかりスキルを使いましょう。じゃないと面白く無いです。
・バグ、誤字、謎解きのミス、アドバイスなどがありましたら、些細なものでもいいのでブログのコメントやツイッターの @matsmomushi までお願いします。
(ma"tsu"momushiじゃなくてma"ts"momushiです。)


ちなみに四文神の名前は、ラルダム(lalDam)はクリンゴン語、ジクニ(jikni)はロジバン、サンイェ(sanye)がシンダール語、ゲンロ(genro)がエスペラント語です。アグニがラテン語、シュイが中国語、ヴリクシャがヒンディー語、アルドがアラビア語なので、理属性=自然言語、文属性=人工言語という対比になっています。

自己満足なネタですが///
スポンサーサイト
  1. 2013/12/04(水) 22:07:25|
  2. ダウンロード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<更新したので | ホーム | 音楽シャッフルバトンやってみた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mtsmush.blog.fc2.com/tb.php/26-21162244
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。