とりあえず作ってみた(仮)

ユカの冒険というフリゲRPGを製作中です。RPGなのにキーアイテムを集めて扉を開くという、マリオの3Dゲームみたいなシステムです。あと敵が逐一変な挙動をする。@matsmomushiで表現規制関係のツイッターもやってます。変な音楽集も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

めちゃくちゃインパクトの強い音楽集

平凡なJ―POPには飽き飽きしていて、変わった音楽を聞きたい。でも「ボアダムス」とか「非常階段」みたいな難しい音楽は嫌。……という人にオススメの音楽を集めてみました。


硝子の棺で眠る姫君 - Sound Horizon

http://www.youtube.com/watch?v=m6tnqKsqbFQ

まずはメジャーどころから。……って、何ですか?この学芸会は?
ちなみにこのアーティストの曲の大半は語りやセリフが入り、アルバム単位で一つの物語になっています。こういうふざけた曲もありますが、歌詞を元にリスナーが物語を考察したりと、深い部分も多いです。ちなみに、白雪姫の王子がネクロフィリアってのは本当らしいです。


謳う丘~Salavec rhaplanca - 志方あきこ

http://www.youtube.com/watch?v=0HYVdl0LpFI

また(比較的)メジャーどころ。途中がまるで何かの儀式みたいです(歌詞的にも儀式のシーンですが。)。「謳う丘」はハーヴェスターシャの方が人気が高いですが、こちらの方がインパクトがあるので……
ちなみにこの曲、「アルトネリコ」というゲームの主題歌のアレンジで、ゲーム内で呪文に使われる言語で歌われています。しかもアルベド語みたいな暗号ではなく、エルフ語みたいなガチの人工言語です(アポステリオリですが。)。ちなみにこの言語、文意を離れて感情を表す品詞が3つ文頭に置かれるなど、面白い文法を持っています。以下文法解説。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%A5%E3%83%A0%E3%83%8E%E3%82%B9%E8%AA%9E


次はかなりマイナーどころを……


Mr. Bungle - Merry Go Bye Bye

http://www.youtube.com/watch?v=wDG1FaN_Sj4

すごく穏やかな曲ですね……っておいっ!
ちなみにこのバンドはあらゆるジャンルの曲を混ぜることをモットーにしているみたいです。この曲の収録アルバム"Disco Volante"はヤバイです。メタルを基調にテクノからペンデレツキ風現代音楽まであらゆる音楽がごちゃまぜです。ただ……ノイズっぽい曲が多いので難易度高。


Alice in Musicland - OSTER project feat.VOCALOID ALLSTARS(初音ミクAppend・鏡音リン・鏡音レン・巡音ルカ・KAITO・MEIKO)

http://www.youtube.com/watch?v=nMcBMlA9hxE

不思議の国のアリスをアレンジしたボーカロイドの短編ミュージカルです。曲もさることながら、映像もかなり手が込んでます。


The Most Unwanted Song - Komar and Melamid and composer Dave Soldier

http://www.youtube.com/watch?v=-gPuH1yeZ08

名前の通り、調査により不快と感じる人が多いとされた楽器やジャンルを集めて作られた音楽です。バグパイプ、パイプオルガンが鳴り響く中、オペラ唱法でラップをし、その合間にウォルマートでの買い物を呼びかける子どもの合唱が入り、政治的絶叫で終わるという曲構成に感動。「不快」の要素としてABC Newsのワシントン支局長が使われているらしいが、よくわからん。詳細は以下のURL。無料ダウンロード可。

http://wired.jp/2008/05/21/%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E7%B5%90%E6%9E%9C%E3%81%AB%E5%9F%BA%E3%81%A5%E3%81%84%E3%81%A6%E5%90%88%E6%88%90%E3%80%8C%E4%BA%BA%E3%80%85%E3%81%8C%E6%9C%80%E3%82%82%E4%B8%8D%E6%84%89%E5%BF%AB%E3%81%AB%E3%81%AA/


Like This - Girl Talk

http://www.youtube.com/watch?v=yixk8N6b7cQ

さきほど二つはあらゆるジャンルの曲を混ぜまくった曲ですが、今度は(もちろん無許可で)あらゆる曲を混ぜまくった曲。アーティストは著作権開放運動の推進者で、リスナーが価格を決めるという方法(海外で主流な著作権批判の手法)で、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下配布されています。ちなみに所属レーベルが"illegal art"という露骨な名前。以下収録アルバムFeed the Animals全体のサンプルリスト。なお、曲の終わり方が中途半端なのはアルバム全体で曲が繋がっているからです。

http://www.illegal-tracklist.net/Tracklists/FeedTheAnimals


NGH WHT ~The Dead Emcee Scrolls - Saul Williams feat アルディッティ弦楽四重奏団 (thomas kessler 作曲)

http://www.youtube.com/watch?v=YEdE5O8XFpQ

THE DEAD EMCEE SCROLLS という詩をクラシック音楽(というより現代音楽)にのせてラッパーが読み上げます。ナッシン・バット・ストリングスのようなクラシックをトラックに使ったヒップホップはよくありますが、ラップを取り入れたクラシックは珍しい(さっきの不快な曲は置いといて……)。それ以前に、この曲自体が現代音楽なので、普通のクラシックとはかなり異なります。ピタゴラスイッチみたいな感じ。以下販売サイト(Youtubeの動画ではあまり韻を踏んでおらずポエトリー・リーディングのような感じですが、以下のサイトの試聴部分ではきっちり韻を踏んでいます。もしかして別の曲?)

http://www.saulwilliams.com/NGH_WHT/



スポンサーサイト
  1. 2013/02/26(火) 20:16:57|
  2. 変わった音楽集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<とりあえずスクショから | ホーム | 小児性愛が「精神疾患」とされる理由>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mtsmush.blog.fc2.com/tb.php/5-1f43748a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。