とりあえず作ってみた(仮)

ユカの冒険というフリゲRPGを製作中です。RPGなのにキーアイテムを集めて扉を開くという、マリオの3Dゲームみたいなシステムです。あと敵が逐一変な挙動をする。@matsmomushiで表現規制関係のツイッターもやってます。変な音楽集も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

歌詞が大胆な音楽集

今度は歌詞が露骨だったり、「過激」だったりする音楽を集めてみました。


レベル1


金太の大冒険 - つボイノリオ

http://www.youtube.com/watch?v=FgwL4qkP8-E

まあ、定番ですね。他にも「インカ帝国の成立」などこの人は下ネタが多いです……


オー・チン・チン - ハニー・ナイツ

http://www.youtube.com/watch?v=dUpNwrpVnF0

これも有名。今回紹介する中ではマシな方ですが……


俺の尻をなめろ - アマデウス・モーツァルト

http://www.youtube.com/watch?v=dz1tj2tu794

クラシックにもあります。……ドイツ語ですが。「ちなみに俺の尻をなめろ」は字義通りの意味ではなく、「消え失せろ」ぐらいのニュアンスだそうです。



レベル2



あこがれの北朝鮮 - ザ・タイマーズ

http://www.youtube.com/watch?v=s3AT0gJOy7Q

そりゃ、民主主義の共和国だからね……っておい。


山崎ハコ - 呪い

http://www.youtube.com/watch?v=weLA22wlSq4

怖っ。夜中に一人で聞けんわ……


27才のリアル - 狐火

http://www.youtube.com/watch?v=tmJBGEFXOvU

なんですかこの現実を突きつけてくるようなラップは。現代は社会全体がストリートってことですか。


チコタン ~ ぼくのおよめさん - 蓬莱泰三(作詞)・南安雄(作曲)

http://www.youtube.com/watch?v=lNWfoU6DE_o

これ、合唱曲ですよ……。最初は楽しい感じなのに(歌詞でハナクソとか言ってるのは置いといて。)普通にこれ歌う学校もあるらしいです。ちなみにこの作詞者、「日曜日 ~ひとりぼっちの祈り」という曲も作っているのですが、こちらも交通事故が題材。展開……よほど交通事故に恨みがあるのでしょうか。ちなみに、「チコタン」のような急展開はありませんが、歌詞的には「日曜日」のほうが「過激」です。

http://www.youtube.com/watch?v=fkqLcorWE1k



レベル3



そうかがっかり - H―MAN

http://www.youtube.com/watch?v=E-mwGvBXJ6Y

タイトルからヤバそうな感じがしますが……やっぱりその通りでした。


世界革命戦争宣言 - 頭脳警察

http://www.youtube.com/watch?v=DCxUMLlx0KE

歌というより演説……。時代を感じます。


僕らカスラックだから - 甘栗

http://www.youtube.com/watch?v=UCrgPP7aApQ

けっこうあります権力批判ソング。ちなみに法律上演奏権(公衆送信権は別)は非営利の演奏には及ばないので、誤解がないように。


ボーダー・オブ・エクスタシー - イオシス

http://www.youtube.com/watch?v=VcIxrevb764

サビ以外罵声と喘ぎ声だけって……




レベル4



8.30 - 英霊来世

http://www.youtube.com/watch?v=jtSLD9Dm1Z8

現代の右翼ソング。僕は自民改憲案に大反対のリベラル派なんで共感は出来ません(ネットの「反日」情報もあまり信じていません)が、ここまで率直に政治思想を音楽にするってのは感動です。シナ人とか売国奴とか……リリックも過激。


fUCk zAPAN - 百済 (백제)

http://www.youtube.com/watch?v=w9e6hWrNbD4

ひたすら日本を罵倒。さっきのと違ってこっちはただの悪口。しかも「障害者」、「広島bomb」とリリックはさっきのよりもヤバイ。……で、お前らフリースタイルで対決したらどうだ? アメリカのヒップホップ東西抗争みたいになるかもよ。
ちなみに、韓国でチャート1位となどと言われていますが、少なくともウィキペディアでは「インディーズ」チャートの「2」位だそうです。


ちっぱいぱん - 小宮真央

http://www.youtube.com/watch?v=ecxLfcfoPqQ

エロ系では最強と名高い……。(実はまだすごいの用意してるんだけどね。)


はたらくくるま - 猛毒

http://www.nicovideo.jp/watch/sm261431

タブー大好き。結構有名。


レベル5


尊師マーチ - 真理の御魂 最聖 麻原彰晃尊師(作詞・作曲は石井紳一郎とも言われていますが……)

http://www.youtube.com/watch?v=KWbeLzWmSXI

マジもん。アーティスト名は原文ママです。有名ですね。


万歳ヒットラー・ユーゲント - 北原白秋(作詞) 高階哲夫(作曲)

http://www.youtube.com/watch?v=LB7gu_CfAEM

マジもん第二弾。タブー好きなやつを狙ったみたいな歌詞。しかし本物の軍歌。ちなみにナチスは蔑称と知らずに使ってしまったとか。


ヤクづけいもうと物語~ふくしゅうレイプできるかな? - PtPd

http://www.nicovideo.jp/watch/sm12977175

エロ系最強はこれだろって思ったけど問題はそこじゃないよな。……クラウザーさんが泣いて逃げ出すレベルです。
曲がほんわかしてるのが逆に……


知恵遅れ大学院 - 毒殺テロリスト

http://petitlyrics.com/kashi/189455/

「めだかの学校」に合わせてこの歌詞を。このバンドの曲は全部レベル3以上は行くと思いますが、この曲は特にきわどい。動画がなかったのですが、アイチューンズで試聴出来ます(曲が短いのでほぼ全部)。

……ってアップルえ?



ちなみに、「からだうた」も入れようと思ったのですが、僕は性教育を「性に関する自由な情報を禁圧することなく、性に関する諸問題から子どもたちを保護するための対抗言論」として必要だと思っているので、性教育の方法はともかく、性教育自体を「面白可笑しいもの」にしたくないということで入れませんでした。

もちろん「からだうた」以外にも、ここで紹介している曲の中には、表面上は面白可笑しいものがありますが、全ての曲に歴史的な背景や宗教的な信念(もちろん、オウム真理教が実際に行った犯罪行為は別です)、社会に対する批判、「性・宗教・政治・人権に関するタブーを破りたい」といった心情(「面白可笑しい」こと自体も価値かもしれません)……などそれぞれ人間の精神活動と民主主義に不可欠な価値が含まれていると考えています。

また、表現が「過激」かどうかは立場によって変化します。たとえば、オウム真理教を信仰している人にとっては「尊師マーチ」はここに入りさえしないでしょうし、保守的な人からすれば「8.30」は「過激」ではないでしょうが、「からだうた」はレベル5かもしれません。(保守=性教育反対(推進するとしても性道徳教育)はステロタイプかも知れませんが……)




  1. 2013/03/01(金) 19:43:56|
  2. 変わった音楽集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

めちゃくちゃインパクトの強い音楽集

平凡なJ―POPには飽き飽きしていて、変わった音楽を聞きたい。でも「ボアダムス」とか「非常階段」みたいな難しい音楽は嫌。……という人にオススメの音楽を集めてみました。


硝子の棺で眠る姫君 - Sound Horizon

http://www.youtube.com/watch?v=m6tnqKsqbFQ

まずはメジャーどころから。……って、何ですか?この学芸会は?
ちなみにこのアーティストの曲の大半は語りやセリフが入り、アルバム単位で一つの物語になっています。こういうふざけた曲もありますが、歌詞を元にリスナーが物語を考察したりと、深い部分も多いです。ちなみに、白雪姫の王子がネクロフィリアってのは本当らしいです。


謳う丘~Salavec rhaplanca - 志方あきこ

http://www.youtube.com/watch?v=0HYVdl0LpFI

また(比較的)メジャーどころ。途中がまるで何かの儀式みたいです(歌詞的にも儀式のシーンですが。)。「謳う丘」はハーヴェスターシャの方が人気が高いですが、こちらの方がインパクトがあるので……
ちなみにこの曲、「アルトネリコ」というゲームの主題歌のアレンジで、ゲーム内で呪文に使われる言語で歌われています。しかもアルベド語みたいな暗号ではなく、エルフ語みたいなガチの人工言語です(アポステリオリですが。)。ちなみにこの言語、文意を離れて感情を表す品詞が3つ文頭に置かれるなど、面白い文法を持っています。以下文法解説。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%A5%E3%83%A0%E3%83%8E%E3%82%B9%E8%AA%9E


次はかなりマイナーどころを……


Mr. Bungle - Merry Go Bye Bye

http://www.youtube.com/watch?v=wDG1FaN_Sj4

すごく穏やかな曲ですね……っておいっ!
ちなみにこのバンドはあらゆるジャンルの曲を混ぜることをモットーにしているみたいです。この曲の収録アルバム"Disco Volante"はヤバイです。メタルを基調にテクノからペンデレツキ風現代音楽まであらゆる音楽がごちゃまぜです。ただ……ノイズっぽい曲が多いので難易度高。


Alice in Musicland - OSTER project feat.VOCALOID ALLSTARS(初音ミクAppend・鏡音リン・鏡音レン・巡音ルカ・KAITO・MEIKO)

http://www.youtube.com/watch?v=nMcBMlA9hxE

不思議の国のアリスをアレンジしたボーカロイドの短編ミュージカルです。曲もさることながら、映像もかなり手が込んでます。


The Most Unwanted Song - Komar and Melamid and composer Dave Soldier

http://www.youtube.com/watch?v=-gPuH1yeZ08

名前の通り、調査により不快と感じる人が多いとされた楽器やジャンルを集めて作られた音楽です。バグパイプ、パイプオルガンが鳴り響く中、オペラ唱法でラップをし、その合間にウォルマートでの買い物を呼びかける子どもの合唱が入り、政治的絶叫で終わるという曲構成に感動。「不快」の要素としてABC Newsのワシントン支局長が使われているらしいが、よくわからん。詳細は以下のURL。無料ダウンロード可。

http://wired.jp/2008/05/21/%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E7%B5%90%E6%9E%9C%E3%81%AB%E5%9F%BA%E3%81%A5%E3%81%84%E3%81%A6%E5%90%88%E6%88%90%E3%80%8C%E4%BA%BA%E3%80%85%E3%81%8C%E6%9C%80%E3%82%82%E4%B8%8D%E6%84%89%E5%BF%AB%E3%81%AB%E3%81%AA/


Like This - Girl Talk

http://www.youtube.com/watch?v=yixk8N6b7cQ

さきほど二つはあらゆるジャンルの曲を混ぜまくった曲ですが、今度は(もちろん無許可で)あらゆる曲を混ぜまくった曲。アーティストは著作権開放運動の推進者で、リスナーが価格を決めるという方法(海外で主流な著作権批判の手法)で、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下配布されています。ちなみに所属レーベルが"illegal art"という露骨な名前。以下収録アルバムFeed the Animals全体のサンプルリスト。なお、曲の終わり方が中途半端なのはアルバム全体で曲が繋がっているからです。

http://www.illegal-tracklist.net/Tracklists/FeedTheAnimals


NGH WHT ~The Dead Emcee Scrolls - Saul Williams feat アルディッティ弦楽四重奏団 (thomas kessler 作曲)

http://www.youtube.com/watch?v=YEdE5O8XFpQ

THE DEAD EMCEE SCROLLS という詩をクラシック音楽(というより現代音楽)にのせてラッパーが読み上げます。ナッシン・バット・ストリングスのようなクラシックをトラックに使ったヒップホップはよくありますが、ラップを取り入れたクラシックは珍しい(さっきの不快な曲は置いといて……)。それ以前に、この曲自体が現代音楽なので、普通のクラシックとはかなり異なります。ピタゴラスイッチみたいな感じ。以下販売サイト(Youtubeの動画ではあまり韻を踏んでおらずポエトリー・リーディングのような感じですが、以下のサイトの試聴部分ではきっちり韻を踏んでいます。もしかして別の曲?)

http://www.saulwilliams.com/NGH_WHT/



  1. 2013/02/26(火) 20:16:57|
  2. 変わった音楽集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。